この記事は約 6 分で読めます。

不倫はできるだけ避けたいものですが、不倫から生まれる恋愛があるのも事実です。既婚者だと知らずに好きになってしまった、知っていたけどどうしても惹かれてしまう、そして、自分が既婚者だけど、婚外恋愛に落ちてしまった・・・という人。

 

不倫の関係はとても不安定な関係。
この不倫の恋を続けて、果たして幸せになれるのだろうかと不安になるのは当然です。
今回は、不倫から再婚への幸せになる道筋を考えてみたいと思います。

1.冷静さを失わないこと

不倫の恋、大きな障害のある恋愛の状況に、必要以上に燃え上がっていませんか?
まずは冷静になりましょう。

 

不倫相手は、本当に一緒になりたいと思う相手なのか、今ある家庭を壊しても愛を貫きたい相手なのか、冷静に冷静になって、考えましょう。あなたはこの人と結婚したい!と思っていたとして、相手も結婚をほのめかすようなことを口にしていたとしても、それが本心であるのか、本当に起こりうるのかどうか、はっきりさせておく必要があります。

 

あなたが一方的に盛り上がっているということはないですか?
相手はあなたとの未来を、真剣に考えてくれている人ですか?

 

その人への思いが真剣であればこそ、しっかり話し合いをするべきです。この先どうしたいのか、再婚の意志があるのか、子供がいる場合その子を一緒に育てていく覚悟があるのか、生活や生活費はどうするのか、曖昧にではなく、具体的な話し合いをしましょう。

2.離婚の話を進める

不倫相手との結婚を考えるなら、もちろん現在の結婚相手との離婚の手続きを進めていかなければなりません。

結婚相手があなたの不倫に気がついていないのなら、不倫の事実は隠し抜いた方が賢明と言えるでしょう。理想は双方が納得した円満離婚です。

 

ただ、どうしても相手が離婚に応じてくれない場合もあります。
そういう時は、何か理由になるものがあれば挙げていきましょう。

 

DVはありましたか?
モラハラはありましたか?
結婚相手が浮気していたということはないでしょうか?

 

もし怪しいなと思うことがあるのなら、前もって証拠集めをしておくと離婚の話を進めやすくなります。

 

何も怪しいところのない潔癖な相手の場合は、性格の不一致、仕事ばかりで家庭を省みない、酒癖が悪い、ギャンブルに依存している、携帯ゲームばかりしている・・・など、理由は何かしら見つけられるものです。弁護士へ相談することになるかもしれないので、離婚に強い弁護士などを下調べしておくと良いでしょう。

3.焦りは絶対に禁物

離婚には時間がかかる、ということを常に念頭に置くようにしましょう。今後の生活をどうするのか、二人で所有している財産や家はどう分配するのか、子供がいる場合親権はどうするのか、話し合うべきことがたくさんあります。ゆっくりじっくり話を進めていきましょう。

 

間違っても、「他に好きな人がいる、再婚したい相手がいる」なんていうことを言わないこと。あなたに有責がある離婚となると、あなたが結婚相手に慰謝料を払わなくてはならなくなるかもしれませんし、子供がいる場合、親権の問題などで立場が完全に不利になります。

 

ちょっとズルイですが、不倫がまだ相手にバレていない場合は、隠し通す覚悟を決めた方が良いでしょう。焦りは禁物です。結婚相手ととことん話し合って、できる限りお互いが納得する形で離婚を決められるといいですね。どういう形で離婚に決着をつけるかで、その後のあなたの人生は大きく変わります。ここで焦らず、最良の条件で離婚できる努力をしましょう。

4.離婚から学ぶ

無事離婚が成立したら、さぞかしホッとするでしょう。そしてさっさと次の結婚の話を進めようと思うかもしれません。でも、大変だった離婚の過程、過去の結婚のことをしっかりと見直してみることは大事な作業です。

前の結婚の至らなかった点を思い出してみて、次の結婚で同じ過ちを繰り返さないようにしましょう。

5.引きずらない

過去から学ぶことと、過去を引きずることは違うことです。離婚を経て、新しい人と結婚したのなら、過去の結婚にはもうこだわらないこと。

 

「前の結婚生活はこうだった」とか、「前の主人はこんなこともしてくれた」なんて言うことは禁句です。不倫中の方が優しかったのにとか、そう言う発言も禁物です。

 

不倫で燃え上がって、ようやく結婚しても、すぐに冷めてしまうカップルって実は多いのです。
不倫恋愛であれそうでない恋愛であれ、結婚をすると男女の関係は変わっていきます。
それをしっかり認め合い受け容れ合えるようでないと、結婚生活はうまくいきません。

 

全て上手くいく結婚生活はあり得ないでしょう。何かが上手くいかないときに、すぐに過去の相手や過去の結婚生活と比べたりこだわったりするのは、とってはいけない行動です。

6.今ある幸せに感謝する

々な障害を乗り越えて、大変な離婚の手続きを経て、やっと愛する相手と一緒になることができたのです。今その人と一緒に居られることが幸せだということを忘れないでください。あなたの離婚の成立を待っていてくれた相手にも、感謝しましょう。日々、感謝の気持ちを持ちましょう。

 

声に出して伝えることが大事です。「ありがとう」「お疲れ様」と、相手に感謝の気持ちやいたわりの気持ちを伝えるようにしましょう。暮らす場所があること、美味しいご飯が食べられること、暖かい布団で眠れること、全てに感謝をして、ようやく実らせた相手との関係を大切にしましょう。

7.二人で将来設計を

不倫の恋で燃え上がった末、行き当たりばったりで再婚してしまう人達がいます。

普通、「結婚」と言うと、その後の家族計画、将来設計を描いてするものですが、不倫で恋に盲目になってしまってそんなことを考えずにとにかく一緒になってしまった二人は、結婚後改めて、この先の将来を真剣に考えなくてはなりません。

あなたは幸せになるために、再婚したのです。二人が幸せになる方法を、二人で協力して探さなくてはいけません。夫婦になったのですから、二人三脚で一緒に頑張っていきましょう。すぐ先の未来、もっと先の未来について、相手とよく話し合いましょう。

8.束縛は禁物、夫婦で話し合いを!

さて、最後にもう少しリアルな話をします。不倫から結婚に至り、めでたしめでたし、とはいきません。

 

やはり、二人の心からどうしても消し去れないのは、不倫や浮気を相手が繰り返さないだろうか?という疑心暗鬼だと思います。浮気する人は繰り返す、なんて言いますもんね。

不倫から結婚した夫婦にありがちなのは、ガチガチに相手を束縛してしまうことです。
相手を必要以上に疑ってしまったり嫉妬してしまったりするのです。それは相手を愛するからゆえですが、そんな関係では本当の意味での幸せな夫婦関係は築けません。

 

そこで、浮気対策のルールをあらかじめ決めておくといいかもしれません。一度でも浮気をしたら一発で離婚!なんて厳しいものではなく、少し緩めにしておきましょう。浮気は3回まで許す。とか、そんな感じで。

check

二人でたくさん話し合いましょう。
この先の浮気の危険も含めて、全て前向きに。
話し合って理解し合い、受け容れ会うことが大事です。
二人が同じ方向を向いて未来を考え、似た価値観を共有することが大切です。

不倫からの再婚は、普通の再婚の何百倍も大変で、たくさんの障害があります。
この障害を一つずつ、一緒にクリアしてこられた相手となら、きっと幸せになれるでしょう。