こどもに離婚をどう伝えるか

もし、あなたにお子さんがいたら、子どもに、離婚のことを、どう切り出せばいいのか?

 

気になる点でしょう。

 

 

私も、これには、相当悩みました。

 

私にも、現在、小学生6年生と4年生の娘が2人います。

 

 

子供は、親に嘘をつかれるのが、一番傷つくと思います。

 

しかし、子供にどういって、両親が離婚する事を伝えるか・・・

 

 

子供がそれを聞いたときの顔を想像すると、身を裂かれる思いでした。

 

あなたも、きっとそんな想いを抱いていることでしょう。

 

 

しかし、あなたは、これから、ご自分、自ら産んだ子供と一緒に、人生を歩んでいくのです。

 

そう決意したのですよね?

 

 

そうであれば、私は、はっきりを、事実を伝えるべきだと思います。

 

 

子供にとっては、今まで両親と住んできた環境が、ガラッと変るわけですから、当然、悩み苦しむでしょう。

 

 

仲の良い友達と、お別れしてしまうの?
新しい学校で、お友達できるの?
お父さんとは、もう会えないの?

 

など・・・

 

 

毎日一緒に過ごしてきた2人の親が、ある日当然、一人になってしまうのですから・・・

 

子供なりに、相当に悩み苦しむはずです。

 

親を恨むかもしれません。

 

 

しかし、あなたさえ明るくしっかりとしていれば、たとえ片親でも、子供は前を向いて歩んでいくはずです。

 

 

お母さんは子供の太陽であるべきなのです。

 

もう一度言います。

 

お母さんは子供の太陽であるべき存在なのです。

 

 

ですから、ここは、ご自分の気持ち・今後の暮らしの事を、しっかりと子供に伝えるべきです。

 

 

うやうやにしては、子供に疑問が残るだけです。

 

でも、注意したい事が一点だけあります。

 

 

それは、いくら配偶者と憎みあって離婚したとしても、決して、子供の父親の悪口は言わない事。

 

どんなにひどい男でも、子供にとっては、唯一の血のつながった父親なのです。

 

配偶者の良い点も、思い出し、それを交えながら、子供に離婚の事実を話しましょう。

 

子供の目をしっかりと見て、穏やかな気持ちで、子供を抱きしめながら・・・

 

再度言います。

 

どんなにひどい男でも、子供にとっては、唯一の血のつながった父親なのです。

 

子供にとって両親が離婚したという事実を理解し、自分なりに受け止めるにはかなりの時間がかかります。

 

物心のついた子供をつれての離婚は、相当、慎重に行うべきだと思います。

 

それは、子供をもった親の責任でもあるでしょう。

 

まずは、何をおいても、子供の心のケアを優先にするべきだと思います。

 

 

親の都合で、いきなり、ひとり親としてしまうことによって、子供の心に受けるダメージは大きく、あなたが一人でケアをしていくのは、かなり大変だと思っておいたほうがいいです。

 

 

「父親に見捨てられた」と子供が不安に陥り、情緒不安定のまま生活していくよりは、時間はかかっても、あなたが、懸命に子供の事を考えフォーローし、愛情を注ぐ事によって子供の心に、安定を取り戻す事に専念したほうが良いでしょう。

 

 

そうすれば、ひとり親であろうとも、母と子の絆は強まり、暖かく安らかな生活を営んでいくことが出来ると思います。

 

 

また、何もわからない赤ちゃんや、物心のついていない幼児を連れての離婚は体力的にも、精神的にも、かなり大変でしょう。

 

 

赤ちゃんなどは、夜鳴きがあります。

 

それでも、一人で、おんぶや抱っこ、母乳をあげたりして世話をしなければいけません。

 

朝まで、一睡も眠れない日々が続くかもしれません。

 

そして、自分では何も出来ない赤ちゃんや幼児を、朝から晩まで、いや、1日中ですね、一人で面倒をみるのですから、相当の体力、精神力がいります。

 

 

それに、プラスして、生活をしていくために働かなければいけません。

 

かなりの体力がいる事が想像できます・・・

 

 

子供が成長をしていくごとに、子供が絡んだ行事があるたびに、自分ひとりで育てているんだ、この子には、お父さんが一緒にはいないんだ、などという、厳しくつらい現実を目の当たりにするかもしれません。

 

 

また、子供はいつまでも何もわからないままではないので、物心もつく時期に、

 

「どうして自分には、お父さん(お母さん)がいないの?

 

友達には、お父さんも、お母さんもいるのに、どうして??」

 

と、必ず思い、悩むときが来るでしょう。

 

あなたにとっては、離婚して、他人になった元配偶者でも、子供にとっては、かけがえのない、血のつながった親なのです。

 

 

自分が産んだ子であっても、一人の人間です。

 

子供の人格を尊重しながら、どんな小さな変化も見逃さないよう充分に心がけ、かけがえのない自分の子供を育てていきましょう。

 

 

貴方の、ありったけの無償の愛を子供にそそぎながら・・・

 

子供の心のケア

 

もし、子供が落ち込み、ふさぎこんでしまったら・・・

 

どうしていいのかわからず、戸惑う事もあるかもしれません。

 

 

身近な親や、友達に相談に乗ってもらうのがよいと思いますが、そういう方がいない場合は、各自治体の、児童相談所の無料相談制度というものがありますので、利用してみるのも、方法のひとつです。

離婚する前にやるべきこと4選

全て無料で調べることが出来ます。
離婚で切羽詰まる前に余裕をもって登録しておくと安心です。

アパート探し

アパート探し
≫シンママ賃貸(住まい)事情

引越し見積もり

引越し見積もり
≫私が目立たないように引越しした方法

仕事探し

仕事探し
≫シンママお仕事事情

新しいパートナー探し

新しいパートナー探し
≫みんなの再婚事情

目次

スポンサーリンク