急な引っ越し。お金がない!資金が足りない!どうしたらいい?

急な離婚や急な転勤など、思ってもいなかった出来事により引越しを余儀なく迫られるケースがあります。数日後に引越しをしないといけない。でもその引越し費用がない。そんな"お金の窮地に陥った時の対処法"です。

目次

考えてもお金は手元に来ない

お金がないと、焦ってもお金が目の前に降ってくるわけではありません。そんな時には上手にキャッシングを活用するのが一番です。引越しといっても海外とかでないなら、高くても15万ほどで収まるケースがほとんどです。

 

単身で荷物が多くない場合の引越し費用の相場はこのくらいのようです。

〜200km未満

(同一地方程度)

平均 47,260円
〜500km未満

(近隣地方程度)

平均 59,400円
500km以上

(遠距離地方程度)

平均 80,000円

※繁忙期(3月、4月)の引越し費用の相場です。

 

そのくらいの金額なら、仕事をしている方なら短期間で返せますよね。今すぐにお金が必要ならキャッシングが一番便利です。

 

また、引っ越し資金を貯めるための節約アイディアも他のページで紹介しています。引越しにはお金がかかりますが、少しの工夫を取り入れて必要なお金を準備しましょう!

引越し資金準備のための、上手にキャッシングを活用する術

引っ越し資金が無い!という時、どうやってお金を工面したら良いでしょうか。

 

 

貯金がたっぷりある人は良いですが、急な転勤で急な引越しをすることになり、お金の準備をしていなかった!なんていう場合もありますよね。

 

 

その他色々な事情ですぐに引っ越しをしなければならない人もいるでしょう。

 

引越し費用って、具体的にはどんなことにお金がかかるのでしょう?
その内容を徹底検証してみます。緊急にお金が必要となった時、キャッシングを利用して賢く上手に資金を準備する方法も紹介していきますね。

引越し資金って、具体的には何にかかるお金なの?

引っ越しにかかるお金の内訳をざっと並べてみました。

  • 引越し業者に支払う引越し代
  • 新しく借りる物件の敷金礼金
  • 管理費、共益費
  • 前家賃
  • 入居者負担のクリーニング代
  • 鍵の交換費用の負担
  • 不動産屋への仲介料・手数料
  • 修繕費

上に挙げた中には、場合・事情によっては払う必要のないものもあります。

 

ですが、たいていの場合、自分で見積もった額よりも多額の費用が必要になることが多いのです。
引越しにかかるお金は、自分で計算した額より多めに用意しておくようにした方がいいでしょう。それでは、上に挙げた一つづつの費用が実際にはどのくらいの金額になるのか、見ていきましょう。

引越し業者へ支払う引越し代

これは、住んでいる部屋の大きさや、持ち物や家具の量、そして時期や曜日によって金額が変わってきます。
1キロの荷物の運搬にかかる費用は大体1万円から3万円ほど。
通常はもっとたくさんの荷物を運ぶことになるので、高ければ数十万円になることを心得ておきましょう。引っ越し代金を少しでも節約したい人は、次の4つの方法を検討してみてください。

 

荷物を減らす

引越しを決めたら、不要なものはリサイクルショップに売ったり、思い切って処分してしまいましょう。荷物の量と重さで引っ越し代金が決まりますから、少なければ少ないほど引越し代金は安くなります。不要なものを売って、その売り上げを引っ越し資金に回すといいですね。

 

引越し繁忙期を避ける

新生活の始まりに合わせて、3月、4月、9月は引越しをする人が増えます。
それに合わせて業者の方でも、引越し代金を上げます。
通常の2倍から3倍程度、費用が高くなります。
どうしてもの事情がない限り、この繁忙期は避けて引越しをする方が引越し費用がかかりません。

 

引越し業者と価格交渉する

引越し業者にお願いする場合、最初に見積もりを依頼しますよね。
その際に最初に言われる料金というのは、かなり割高な料金なのです。
一社だけに頼むのではなく、数社に見積もりを依頼し、比較するようにしましょう。
また、業者との交渉にも、他社の見積もり結果を伝えると安くなることがあります。
私の個人的な体験談ですが、以前引越しをした時、アート引越しセンターと引越しのサカイの2社に見積もりを依頼しました。
最初片方から4万円の見積もり金額が出たのですが、もう一社の見積額を交渉材料にして交渉したところ、半額にまで値下がったのです。
最初に提示された価格をそのまま呑んでしまうと損をします。
数社に見積もりを依頼し、価格が安くなるかどうか、交渉した方が絶対に良いでしょう。

 

自力で引越し作業をする

家族や友人知人に協力を仰ぎ、自分で引越し作業ができれば、業者にお金を支払わなくて済みますよね。車やトラックが無いという場合、レンタカーで引っ越すという手もあります。

敷金・礼金の目安は?

敷金
敷金とは、賃貸契約が終了し退去する際に、その物件の修繕のために使われるお金のことで、前もって大家さんに払っておくお金です。
入居する時に家賃1月分から3ヶ月分を支払います。
新築の綺麗な物件など、人気のある物件は人気に比例して敷金も高くなることがあります。
退去の時、その物件に特に修繕の必要が無い時には、敷金として預けておいたお金が返ってきます。
敷金ゼロの物件もありますから、引越しに十分なお金が無い、節約したいと考える人は敷金が低い賃貸物件を選ぶといいでしょう。

 

礼金
敷金と同じく、入居する時に家賃1ヶ月分から3ヶ月分を支払います。
礼金というのは、大家さん又は管理会社に対する謝礼のお金です。
礼金は敷金と違い、退去の際に返ってくるお金ではありません。
礼金が高くて入居者が決まらないよりは礼金の額を下げる、又は礼金なしで構わないので早く入居者を決めたい、と考えている大家さんは意外と多いです。
仲介に入る不動産屋にとっても、礼金は大家さんに入るお金で不動産屋には利益になりませんから、礼金の減額や礼金を無しにして欲しいという大家さんとの交渉を快く引き受けてくれることもあります。
「礼金無し」の物件もあります。
交渉で減額してもらえたり無しになる場合もあるので、引越し費用の節約のためには礼金のかからない物件を探した方が良いでしょう。

管理費・共益費

マンションなどの集合住宅での賃貸で、エレベーター、階段などの共有スペースの維持と管理のために支払う費用です。
契約を結ぶ時、この管理費や共益費が家賃に含まれているのかどうかを知ることが大事です。
家賃7万円の物件で、管理費が1万5千円だと、実際の月々に支払う家賃は8万5千円になります。
家賃を安く見せようと、意図的に家賃と管理費を別々に表示している場合もあるので、注意しましょう。

前家賃

入居する時、前もって2ヶ月分の家賃を支払うことです。
先に払ってしまうだけなので、2ヶ月目には家賃がすでに支払ってある状態になるということです。ですが、まとまったお金が必要な引越しの時に、家賃も2ヶ月分用意しなければならないとなると、負担に感じる人が多いでしょう。
中には前家賃の支払いは必要ない(1ヶ月づつ支払い)という物件もあります。
引越し初期にたくさんお金がかかってしまって2月分の家賃は無理だと思う人は、そういう条件の物件を探しましょう。

入居者負担のクリーニング費用

相場としては、1万円から3万円程です。
クリーニング代と修繕費がごっちゃになっている人がいますが、修繕費は退去の時にかかるお金で、クリーニング代は入居する時にかかる費用です。
これから入居する人が、物件のクリーニング代を負担するものです。
別にクリーニングが必要ないと思えば断ることができます。入居を決める前に大家さんと相談しましょう。

鍵の交換費用

相場としては、1万円から2万円程です。
鍵は変えておかないと、前の入居者やその親類などが鍵をそのまま持っていて、入ってくることも考えられなくはないですよね。
安全と安心のためにも、鍵は入居する時に変えましょう。
鍵にもランクがあり、ピッキング被害に遭いにくいセキュリティーの高い鍵がお勧めですが、費用はそれなりに高くなります。
日々の安全面に関わってくることなので、ここはケチらずに費用を出したいところですね。

不動産屋への仲介料・手数料

相場としては、家賃の1ヶ月分です。
家賃が高い場合、結構な負担になる費用ですよね。
不動産屋によって(例えばエイブルなど)は、家賃の半月程度の手数料で済むところがあります。
大家さんと直接契約をする場合を除いて、不動産会社を利用して賃貸契約を結ぶと仲介手数料が発生します。
家賃が安い物件を探すか、手数料の安いエイブルなどの不動産会社を利用すると引越し費用の節約になります。

修繕費

借りていた物件を退去する際、修繕する必要があり、預けてあった敷金では足りないという場合に支払わなければならない費用です。
敷金を預けていなかった場合は、全額自己負担です。
修繕費はいざ引越しになって退去にならないと正確な金額が分かりません。
修繕費が予想以上に高額になってしまって引越し費用が足りなくなるということは十分に考えられます。
普段から賃貸物件は綺麗に使い、掃除をマメにしておくことが大事です。

お金が今すぐ用意できない場合、引越し費用、どうやって準備したらいい?

引越しにはお金がかかります。
節約だけでは賄えない部分もあります。
どうしてもお金が足りない場合、二つの方法でお金を工面しましょう。

 

クレジットカードを使い先払いにしておく

引越しのためのまとまったお金が必要だけど、今現在は足りない、1ヶ月2ヶ月すればお金に余裕ができるという人は、引越しの支払いにクレジットカードを利用するのがいいでしょう。
敷金礼金の支払いはクレジットカードではできないかもしれませんが、引越し業者に支払う引越し代などはクレジットカード払いが可能ですよね。
引越しに際して買い換える家具、家電などもクレジットカードで支払いをし、新生活が始まったら、当面の日用品の支払いなどもクレジットカードを利用し、先払いにしてしまえば、うまくやりくりできるのではないでしょうか。

 

キャッシングで引越し費用を工面する

上手にキャッシングを利用すれば、賢く引っ越し資金を準備できます。
クレジットカードのキャッシング枠を利用するという方法もありますし。大手銀行のカードローンやプロミス・モビット・アコムなどの消費者金融を利用するのも一つの選択肢です。
銀行や消費者金融に引越し資金を融資してもらう、と考えてみましょう。
キャッシングで引越し資金を準備することには2つのメリットがあります。
・最短で、即日借り入れができる
・借入金の使用目的は幅広く設定されている(引越し代や生活費に使える)

 

カードローンでは、借入金は幅広い内容に使用できます。
引越しの資金準備として借りることが可能です。
生活費としても利用できるので、家具や家電の購入に充ててもいいですし、借りたお金で家賃を払うこともできます。
借り入れのための審査がありますが、審査に通ると最短即日でお金が借りられます。
急な引越しで十分な引越し資金を準備できなくて困った、という時には是非利用したいシステムです。
少額の借り入れなら、運転免許証だけで大丈夫です。
プロミスなら一度お金を借り、30日以内に返済してしまえれば利息はかかりませんし、翌月や翌々月にすぐ返済する場合も、少額の利息で済みます。返済期間が長くなるような場合、利息は増えてしまいますが、自分の生活を圧迫することなく、自分に合った返済計画を立てることが出来ます。

 

急な引越しでお金が用意できない場合、引越しの際の資金準備にキャッシングを利用するのは便利で賢い方法です。

 

急にお金が必要になったら。

キャッシング・カードローンを利用する場合、安定した収入があれば最短30分の審査でお金が借りれます。
プロミスなどの大手ローン会社なら知名度もあり安心です。
"初回利用者は30日間無利息※でお金が借りられます。"
※※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。


とりあえず今必要なお金を借りて、30日以内に返済すれば金利は一切かからないということです。お金の工面で悩んでいる人は、相談してみるといいでしょう。まずは、プロミス公式サイトで3秒診断し確認しましょう。









スポンサーリンク