購入前にチェックしておきましょうたった60秒で完了!最低4か所選ぶだけの簡単入力!

離婚をすることになった場合、「財産分与」で一番もめるのは
家などの不動産は、現金や株と違って、簡単に分けられないので難しいのは当然です。

離婚時の家の財産分与で損をしないために。

目次

離婚時の家の財産分与の具体的な問題点とは。

住宅ローンを払い終わった家。
住宅ローンがまだ残っている家。

 

どちらも財産分与の対象になります。
では具体例を挙げていきます。
夫名義の家に妻が住み続ける場合。

住宅ローン 夫:債務者、妻:連帯保証人
離婚後の住宅ローン 住宅ローンは夫が払い続けて、そこに妻が住み続ける
問題点 夫が住宅ローンを払えなくなった場合、例えば病気やリストラ。

そうなってしまった場合、ローンは連帯保証人の妻が払っていくことになります。
注:連帯保証人は金融機関との契約なので、簡単に変更できません。


家の名義が夫婦共有名義になっている場合

 

例えば、夫が残りのローンを払いつつけて、家の名義を妻に変更する場合、結局、共有名義なので、連帯保証人の義務は残ります。
先にも書いたように、夫が何らかの理由でローンを払えなくなった場合、妻が支払っていかなければいけません。

どちらにしても、夫や妻との縁は切れるけれど、今まで住んでいた家とは縁が切れないんです。
いつまでも、過去を引きづることになりかねません。

ならば、家も売却して、お互いに新しい出発となる離婚にした方が精神的にもスッキリします。

離婚時の家の財産分与で損をしないために。

家を売却するための準備とは

家を売却するためには、今の家の現状を知っておく必要があります。

 

家の名義が夫婦共有の場合

法務局で不動産の登記簿謄本を取得して、誰の名義になっているのかを確認しておく。
担保権(抵当権など)がどんな設定になっているのかも見ておく。

 

家の時価

今現在の家の価値を調べておく。
複数の不動産に査定をしてもらう。
現在の家の価格を知れば、売却しても得するのか、損してしまうのかがわかります。

住宅ローンの契約内容

住宅ローンの契約書を確認する。
ローンの残高や誰が債務を背負っておるのか、だれが連帯保証人になっているのかを確認する。
最初の契約から変更されている場合もあるので、しっかりと確認しておきましょう。

 

家を買った時の頭金の内訳

誰が頭金を用意したかを明確にしておく。
もし、妻が用意した場合、いざこざが起こった場合、強くでれる一つのポイントになります。

 

財産分与に該当する期間

財産分与の対象期間は結婚した日から別居した日まで。
また、離婚後から2年間は財産分与請求が可能となります。

あなたの不動産(戸建て・マンション・土地)の今の価値を知っておく。

いろんな問題が予想されても、まずは今のあなたの不動産(戸建て・マンション・土地)の価値を知ることが一番最初にすることです。

 

複数の不動産屋に電話をかけて、不動産の査定をしてもらう方法もあります。
が、今は便利になっていて、オンラインで最大6社、たったの1分で家の査定も完了します。

しかも簡単な2ステップ。
購入前にチェックしておきましょう家の種類を選択(1戸建てなど)
購入前にチェックしておきましょう家が建っている場所(市町村)
たったこれだけなんです。

夫婦の話し合いで、いざ家を売るということになった場合、
家を1円でも高く売却し、そのお金を分けたいなら
まずは無料一括見積で、現在の家の価値を知っておきましょう。

 

購入前にチェックしておきましょうたった60秒で完了!最低4か所選ぶだけの簡単入力!

 

そのお金があれば、お互い離婚後の再出発の手助けになりますよ。

スポンサーリンク