引越しの準備、手続き、見積もりなどについてのまとめ

引越しが決まると様々な手続きをしないといけません。
引っ越してしまってからでは遅い手続きもあります。
引越ししてからもスムーズに生活していけるように、面倒な手続きですがキチンと済ませておかなければいけません。


このページでは引越しについての準備から手続き、見積もり、そして引っ越し後にすることなどをまとめています。
参考にしてください。

引越について。引越の昔と今

引越は長い人生の中でもそう何度も経験をする事のない一大イベントです。
中には私のように、離婚を機に新しい人生を歩む事になる人も居るでしょう。
その引越ですが昔と今では様子も随分変わってきたようです。


昔は引越業者へ頼むよりも家族や親せきで荷造りから運搬まで手伝ったようです。
運送は引越専門業者というより近くの運送屋さんにトラックを頼んで運んでもらう事が多かったようです。
運転手さんにも手伝ってもらったり、トラックの助手席に乗せてもらったりもしたものです。
休憩時間には一緒に休憩し、おにぎりなどの簡単な昼食を食べたりもしたそうです。
心使いといって、少額ではありますが寸志を渡したりもしました。
このように、引越といえば大勢でわいわい言いながらアットホームな雰囲気で行っていたようです。


現在では引越も大型のマンションであったり交通事情が悪かったりするので、専門の引越業者へ委託する事が多くなりました。 事前に良く打ち合わせをしておくと全て手配してもらえます。
大型の家具なども業者の担当者が運んでくれるので安心です。
時間が決まっているので、休憩時間にお茶を出す事も少なくなりました。
心使いも断られる事が多いようです。
仕事なので当たり前ではありますが、これではなんとなく味気が無い気もします。
引越業者も業者間の競争が激しくなって、サービス自体は良くなっているようです。
様々な相談に乗ってもらえますし、荷物へ保険をかける事もできます。これですと引越にかかる労力は非常に少なくなりますし安心です。
その分運転手さんとの会話などは減ってきましたが、お礼などのあいさつをする事は昔と今も変わりません。
気持ちよく仕事をしてもらうためにも、きちんとお礼を言いましょう。

私の体験談

お礼を伝えるのは当然ですが、引越し業者さんから3人の方がいらしたので、引っ越し当日に、近くのコンビニで人数分の缶コーヒーを買っておいて、最後の確認の書類をチェックするときに渡しました

このように引越も昔と今では少し様変わりをしてきました。


しかし、人生の大きな節目である引越を誰かに頼む事には変わりがありません。
手伝ってくれた人や運転手さん、業者の人への感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。
缶コーヒーなんて安いものです。
3本買っても500円もかかりません。
それだけでも気持ちよく仕事してもらえるとおもったら安いものですよね。
こちらも気分が良いですし、新居への荷物を入れてもらうときも意外とスムーズにいくと思います。

ページの先頭へ