引越は業者へ依頼するのが安心かもしれません。

この記事は約 3 分で読めます。

引越をする時に荷物をどのように運搬するかで悩む事が多いようです。

ほとんどの人が専門業者へ依頼するのですが、その種類も様々です。

引越は業者へ依頼するのが得策

大手の引越し業者へ依頼した場合

まず、大手の業者へ依頼した場合ですが面倒な梱包を頼む事ができますし、大事な家具も傷がつかないように上手に運搬してもらえるので安心です。

時間に対しては正確なので、変更したい場合には早めに連絡しないと対応してもらえない事があるので注意が必要です。

大きな荷物が多い場合や遠方への引越での利用が多いようです。

個人営業の運送業者への依頼した場合

反対に個人営業の運送業者への依頼ですが、単身での引越で荷物が少ない場合などには便利です。
ただし、梱包などは自分でやらなくてはいけません。

 

家具なども良く注意しないと傷がついてしまう可能性があります。
もちろん全ての業者がそうであるとは限りません。
梱包などを手伝ってくれる事もありますから事前に良く相談してみましょう。

 

いずれにしても、引越を決めたのであれば計画的に進めていかなくてはいけません。
いつまでたっても片付かないなどと言う話を良く耳にしますが、この際いらないものは処分してしまった方が良い場合もあります。

私は、いらないものをAmazonやヤフーオークション、ブックオフや古着屋さんなどで売りました

その他の売れなさそうなものは、市のクリーンセンターに車で運びました。

 

持ち込める・家庭ごみの主なの種類
生ごみ、リサイクルに適さない紙・古着・布類、草、枯木、軟質のプラスチック、布・皮製のかばん・靴、畳、障子、ふすま、すだれ、カーペット(電気し)、ウレタンマット、マットレス(金属なし)、ふとんなどでした。

 

私の車は軽自動車なので、後ろのシートを倒して、そこに積み込めるだけ積み込んでいきました。

家庭ごみは10キログラムにつき50円なので、本当に格安で処分できます。

 

クリーンセンターを利用するのも手段の一つです。自治体によってかかる料金や持ち込めるゴミの種類は違うと思うので、各自お調べください。

 

何度、往復したかわからないくらい通いましたが、クリーンセンターがあって本当に助かりました。

 

また、家族や仲の良い友人に手伝ってもらうという方法もあります。
気心の知れた間柄ですから遠慮なく梱包などを頼む事ができます。

 

このように、引越といってもその内容や種類によって様々な方法があります。
事前に良く検討して、ベストな方法を選択するようにしましょう。

 

そうする事で無駄な作業を無くし、結果的に経費の節減につながります。
わからない事は遠慮なく業者へ相談してみると良いでしょう。

コメント