シンママにお勧めのお仕事や心構え

シングルマザーが働きやすい環境を整えている企業はたくさんあります。
シングルマザーにとって仕事は、生活・育児の両面で必要不可欠なものです。
金銭面・働きやすさなどの条件が少しでも良いところを探すために、今回は、シングルマザーの仕事選びのポイントについてご紹介します。

 

女性の自立を応援してくれる一押しの派遣・就職・転職サイト

まずはお金がないと離婚後の生活も大変です。
今後の生活を支えてくれる仕事を、webで効率よく探し始めておきましょう。


安心して登録できる派遣応援サイト

>>リクルートスタッフィング<<


リクルートスタッフィングは、リクルートが運営する派遣会社なので、母体が大きく、とてもしっかりとした大手の優良派遣会社です。


派遣のお仕事が初めての方にも安心してお仕事を始められるように、リクルートグループならではのサポート体制で、パソコンスキルを磨ける無料のe-learningも用意されている親切ぶり^^


リクルートスタッフィングは、家に居ながら本登録完了できます。
さすがリクルートグループが運営しているだけありますね。
クルートグループが持つ幅広い信頼のネットワークがあるので、派遣先は安心して働ける優良企業ばかりです。


派遣先は、首都圏はもちろんの事、全国にわたります。


登録無料で利用できるので、早めに登録して、納得のいく仕事を見つけましょう。

ボタン管理人の働き方

 

ちなみに私は自宅でパソコンを使って仕事をしています。
なぜ外に働きに行かないのか。その理由はこちら。

スポンサーリンク

シンママにお勧めのお仕事や心構え記事一覧

シンママ(シングルマザー)のお仕事選びのポイント母親がひとりで子どもを育てるには、お給料はとても大切な要素です。また、長く続けられる仕事かどうか、シングルマザーにとって働きやすい職場かどうかを見極める必要があります。子どもが小さい場合子どもがまだ小さい場合、仕事中の子どもの預け先を確保しなければなりません。実家の両親や親せきに頼れる場合は別ですが、そういう環境が整っていない人は学童や保育所を利用す...

もともとは、外に働きに行っていたんです。でも、子供が年長さん過ぎたあたりから、元ダンナのDVによって、鬱になりました。そして33歳から39歳くらいまでも6年間、死んだも同然の生活を送っていました。生活というか・・・・息をしていただけ、といった方が的確ですね。そんな状態だったので、鬱が落ち着き始めた40歳から、離婚を目指して自立しようとしましたが、外に働きに行くのが怖くて。だって、またいつ鬱が始まる...

生活費が足りない!今月、お金がない!どうしよう!というとき、あなたはまず真っ先に何をしようと考えますか?誰かにお金を借りようと思いますか?借金をする前に、自分でできることはないか、もう一度よく考えてみましょう。まずは節約まずは自分の収入と支出のバランスの見直しをすることから始めましょう。一日に使っている平均額はいくらぐらいですか?自分の使っているお金の額を正確に把握できているでしょうか?そしてそれ...

学校生活の中で一番楽しみな時間って、お子様にとっては給食ってことが多いと思います。その日の給食のメニューで、子供達は1日のテンションが上がったり下がったりするものです。また給食は、お子様の栄養補給という面でも大切な役割を果たしています。ところが悲しいことに、最近「給食費の未払い問題」がよく取り上げられるようになりました。そもそも義務教育の間は給食も食の教育ということで無料にしたら良いのにという意見...

お金が関係する問題は、個人的なことでデリケートなことです。特にやましいこと・後ろめたいことがなくても、キャッシングやカードローンをする際、人に会わずに手続きができたらいいなと思うのは普通のことです。人と顔を合わせることなく借り入れがしたいという人、どんな方法があるでしょうか。一緒に見ていきましょう。

最近ではオール電化の家庭が増え、ガス代がかからなくなった代わりに電気代が高くなったと感じている主婦の方は多いはずです。電気料金は月々の支払額が固定されているわけではないので、突然予想よりも高額な料金の請求が来たりすると困ってしまいますよね。どうしよう!今月の電気代が払えない!なんていうピンチの時の対処法を紹介します。

結婚をし家庭に入った主婦の方が、日々常々頭を悩ませている食費。家計費の中で一番やりくりができる費用であり、家族に健康的で美味しい食事を用意しつつどう食費を削り節約するか、主婦が毎日取り組んでいる大事なお仕事です。家族の人数が多ければその分食費もかさみますが、家族に大食漢がいたり、食べ盛り育ち盛りの年齢の子供がいる家庭では、月々の食費もぐんと高くなります。旦那様の晩酌代が、月々結構かかってしまう家庭...

離婚率・未婚率の上昇とともに、母子家庭も増加しています。女性が一人で生きていくのも大変なことですが、それに加えて子供を抱え、育て生活していくことは並大抵ことではありません。シングルマザーの女性にとって、日々の生活、自身の老後費用、そして万が一子供が小さいうちに自分に何かあった場合子供はどうするのかなど、心配事はつきません。