引越しをしてから分かった事

この記事は約 1 分で読めます。

私が大学生になる時に初めて1人暮らしをする事になりました。
そして県外の大学に進学する事になったので引越しをしなければならなかったのですが、初めての1人暮らしという事で割と時間をかけて調べました。
両親にも手伝ってもらいながら引越しの準備をしたのですが、かなり段取り良く進める事ができました。

その時はまだどういった基準で引越し先のマンションを選べば良いか自分でも良く分かっていなかったので、そういった事も両親からアドバイスをもらいながら進めていきました。
そしてもちろん事前に引越し先を見に行ったのですが、まず部屋を見た時に驚いたのが部屋の狭さでした。
その時はここでしばらく暮らさなければいけないのかと、かなり悲観していたのを覚えています。
ところが実際に引越して家具などを配置し終わると、意外と広いなあという感じました。

正直自分でも驚いたのですが最初見た時とは全く逆の思いで、むしろ快適に感じました。
そしてそこでしばらく暮らしたのですが、その間は快適な暮らしでした。
それ以降も引越しをしたのですが、全く同じ体験を致しました。
引越しは実際に引越した後になってみないと分からない事が色々とありますが、こういった事も引越してみなければわからない事の1つだと思います。

コメント

error: Content is protected !!