引越の方法。単身なのか2人以上なのか。

引越の準備と種類

この記事は約 2 分で読めます。

長い人生の中で誰もが一度は引越を経験した事があるのではないでしょうか。
また、引越の経験が無い人でも引越の手伝いに行った事のあるという人は、多い事でしょう。
このように、私たちは人生の節目に良く引っ越しを経験するものです。

 

その引越ですが、種類によって方法が異なるようです。

一人暮らしや単身の場合

例えば、一人暮らしの場合はそんなに荷物は多く無いと思われるので、自分で荷造りをし、運ぶ事もできます。
レンタカーなどでトラックを借りて運搬すれば送料も安くできます。
ただし、トラックへの積み込みや、積み下ろしは数人がかりで行った方が効率的なので、家族や友人に手伝ってもらった方が良いでしょう。
運転も長距離であれば、何人かで交代で行った方が安全です。
手間がかかるような気もしますが、自分の都合に合わせる事もできるので便利です。

2人以上や家族、時間のない方の場合

あまり、時間的な余裕の無い人や家族全員で引越し、あるいは離婚しての引越しなどであれば専門業者へ委託するという方法の方が良いと思います。
これですと、全てを任せる事ができるので安心ですが、経費が多くかかってしまいます。

業者によって料金が異なるので事前に見積をとって置く方が良いでしょう。
この数社引越し見積もりは絶対にやった方がいいです。

check

私はインターネットでの“引越し一括見積を依頼して、各業者の見積もりを全部出してもらった時点で値引き交渉”に入りました。

 

だから引越しシーズンの3月でしたが、格安で引越しできたと思います。

 

また、2月や3月の異動シーズンには業者も繁忙期ですから早めの予約が必要です。

そのためにも、早めに数社見積もりを出してもらい、都合の良い日にちに引っ越しができるように段取りしておいた方が絶対に良いです。

 

私が依頼した引越し一括見積は、たくさんの引越し業者が登録していましたす。登録業者同士でも価格競争していますから、最初から格安条件で見積もりを出してきます。“数社の見積もりを取って、さらに値引き交渉に入る”と、かなり安く引越しできます。

 

値下げ競争をしてもらい

格安で引越しできたサービスはこちら

コメント

error: Content is protected !!