引越は計画的に行いましょう。

引越の準備と種類

この記事は約 2 分で読めます。

スポンサーリンク

引越は計画的に行いましょう

引越と言ってもその種類によって様々な方法があります。
例えば家族で引越をする場合と単身赴任の場合とでは、大きく異なります。

 

まず、家族で引越となると荷物の数が多くなりますから非常に手間がかかります。
家具や電化製品も大型の物が多いでしょうから、運搬方法についても考えておく必要があります。

冷蔵庫などの生鮮食品や冷凍食品などが入っている事もあると思いますが、引越までには綺麗に片づけておきましょう。冷蔵庫などの生鮮食品や冷凍食品などが入っている事もあると思いますが、引越までには綺麗に片づけておきましょう。

 

テレビやパソコンの配線も後でわかりやすいようにまとめておくと便利です。テレビやパソコンの配線も後でわかりやすいようにまとめておくと便利です。
こうしてみるとなかなか手間がかかるものですが、家族で協力してやればそれほど苦にならないものです。

 

そのためにも、まず計画を立てていつまでに何をするのかを書き出しておきましょう。
引越当日も業者に任せるだけでは無くある程度自分で整理をした方が良い場合もあります。
家族で役割分担をして効率よく引越ができるようにしましょう。

 

反対に、単身赴任や一人の引越し、2人の引越しの場合にはそれほど荷物は多くないはずですから、準備の手間も少なくて済みます。
それでも、荷物の分別だけはしておかないと後で困る事になります。
普段使わない衣類や食器などは早めに荷造りしてしまった方が良いでしょう。

パソコンは万一に備えてデータのバックアップを取っておいた方が安心です。また、パソコンは万一に備えてデータのバックアップを取っておいた方が安心です。

また、本や衣類などで不用品については処分してしまった方が良い場合もあります。

それだけで随分と荷物が少なくなるはずです。いずれにしても計画的に準備を進める事は変わらないようです。

引越し中にパソコンが壊れた私の体験談

私の場合、引っ越し中にデスクトップのパソコンの本体が壊れました・・・

 

引越しに打ち合わせ時に、引っ越し業者さんから、パソコンなどの精密機器は念のためご自分で運んでください。
他の荷物と一緒に運んだ場合、壊れる可能性もあります。
それでもよろしければ、トラックで他の荷物と一緒に運びます。

と念を押され、壊れても文句は言いません、といったような用紙にサインをさせられました。

 

まぁ、そんな簡単に壊れないだろうと、高をくくっていましたが、見事に本体の横のふた?が歪み、外れていました。
HDDがやばい音を出していたので、バックアップもとってあり、新しいノートパソコンも購入して、それで仕事ができるようにしておいたので、支障はありませんでしたが、本当に壊れるんだ(汗)と思った出来事でした。

ちなみに新しいノートパソコンは、自分の車に積んで運びました。

 

引っ越し一括見積はこちら

コメント

error: Content is protected !!