離婚したら紋入りの着物はどうすればいい?

この記事は約 2 分で読めます。

結婚するときに、親が持たせてくれた沢山の着物。

その中の喪服など、家紋入りの着物は、離婚してしまったら不要になります。

 

新しい住まいに沢山の着物一式を持っていくのもありだと思います。

せっかく親が高いお金を出して揃えてくれた着物ですからね。

 

それは、桐のタンスなどに入っているのではないでしょうか。

沢山の着物、引越し先で、邪魔になるかも。

引越し先のマンションやアパートは、さほど広くない場合、少しでも広々と住むために、不要なものは処分していきたいものですよね。

 

おおよその物は、リサイクルや買取ショップ、ゴミに出すなどして処分できます。

 

しかし、着物はどうでしょうか。

 

ゴミに出すのは忍びないですね。

数年前までは着物の買取はありませんでした。

実は、数年前まで、着物のリサイクルや買い取りはされていませんでした。

 

しかし、近年は着物を売りたいという需要があるため、着物の買い取りを始めたお店が出てきました。

どんな着物でも買い取りしてくれるの?

とはいえ、今の時代、着物を着る機会はほぼないと思われます。

 

長年、タンスの中にしまっておいた場合

 

・着物にシミができている
・着物が虫食いされている

 

など、着物にダメージがある場合があります。

 

今からご紹介する着物買い取りのお店は、

そんな着物のシミや、着物が虫食いされていたり、着物に家紋が入っている着物でも買い取りしてくれます。

高値はつかないかもしれませんが、ゴミに出すよりはマシですよね。

買い取ってもらった着物は、着物買い取り業者でリサイクルされ、他でいかされます。

 

帯・羽織なども買い取ってくれます。

“汚れていても、紋付でも着物関連品なら基本的に【なんでも】買取ってくれます。”

 

ネットから24時間無料査定できます。

今回、ご紹介するのは、こちらです。

どんな着物でも値段が付く可能性があります。着物無料査定はこちら。

 

24時間ネットから無料で査定ができ、自宅まで取りに来てくれて、その場で不要な着物の買取をしてくれて、その場でお金がもらえます

 

もちろん、郵送で送ることも可能です。

 

自宅までの出張も査定もキャンセルも無料なので安心してくださいね。

 

お持ちの着物をムダに捨ててしまう前に、無料査定をしてみたほうがお得ですね。

 

今後の生活のためにも、少しでもお金に変えておきましょう。

 

 

コメント

error: Content is protected !!