いくら何でも高すぎない!?安く駐車場を借りる方法は?

この記事は約 5 分で読めます。

毎月かかる駐車場料金は、なかなか大きな出費です。
車の所持には駐車場が絶対に必要ですが、こういうジレンマがあります。
車にたくさん乗っている人にとっては、車が駐車場に停まっている時間は少なく駐車場は空っぽ。空っぽの駐車場なのに費用はかかる。
逆にあまり車に乗らない人にとっては、車は使っていないのに毎月の駐車場代の支払い。
どちらの場合も、何だか損をしているような気分になるのが駐車場代という毎月の出費です。

駐車場代はその地域ごとに金額に差がある

都心はやはりとても高く、山手線沿線や都内港区などの月極駐車場は5万円以上が相場です。
都心から離れると、一月5千円から1万円くらいに下がります。
それでも月々の支払いとなると痛い出費ですね。
私の今までの経験も含めて、いろいろな駐車場事情をここで紹介してみようと思います。

安さ重視で家から遠い駐車場を利用する

これは個人的にはお勧めしない方法ですが、首都圏住まいの方にはお分かりいただけるかと思います。
何と言っても、都内の駐車場は高いですし、駐車場自体が見つからなかったりします。
それで家から離れた駐車場を利用している人も、少なからずいると思います。
徒歩で行ければ良いですが、中には自転車に乗って駐車場へ行く人もいるほどです。
駐車場に自転車が停まっていることがたまにありますが、こういう裏事情があるのでしょうね。
知り合いがこの方法を取っていました。
その知り合いいわく、安さだけを考えて遠くの駐車場を借りてしまった自分に頭にくる、ということでした。
最初は良いみたいですが、毎日毎回のことだとやはりウンザリしてしまいますよね。
特にお天気の悪い日などはイライラしてしまいそうです。
その苦労をしてでも費用を抑えたいと思う人はこの方法でも良いかもしれませんが、長期間のことと考えると、やはり避けたい方法ですね。

舗装駐車場ではなく「砂利」駐車場を利用する

これは私が取ったことのある方法です。
車を汚したくない人、綺麗に保管したい人には絶対にお勧めしません。
私の場合は、その時所有していたのは別に汚れても構わない車だったので、砂利駐車場の利用を決めました。やはり舗装駐車場に比べて駐車場代は安いので、節約にはなりました。
車が多少汚れたり小さな傷がついても構わないという人にはお勧めします。
ただ、悪天候の後などは洗車しなければなりませんし、車下部分が痛みます。
駐車場代の節約にはなっても、大事な車そのものの価値が下がってしまうかもしれません。

賃貸契約を結んでいる大家さんと交渉する

優しい優しい大家さんなら、駐車場代を下げてくれるかもしれませんが、簡単には難しいでしょうね。
借りている側に有利になるような契約変更はなかなかしてくれないのが実情です。
相手が100%断れないような条件が何かあれば、交渉してみる価値はあるでしょう。
例えば、今借りている物件の駐車場よりも安い駐車場を見つけることができたような場合に、その差額を提示して交渉するのです。
でも周辺にある駐車場が満車のような状況では、この方法は通用しません。
交渉に自信がある!という人だけ、契約更新の時などに、相談してみるといいでしょう。

ご近所の空いている駐車場を探してフレキシブルに借りる

斬新な方法だと思いませんか?
でも効率的です。
ご近所のお宅で、車が駐車場にほとんど停まっていないお家があったら交渉してみればどうでしょう。
安く駐車場を借りられれば、ご近所さんにとっても空いている空間を有効活用できお金になるので、ウィンウィンな方法ですよね。
これを大家さんとの交渉材料として使ってみるのも良い方法だと思います。

駐車場代を交通費として会社に負担してもらう

車通勤が認められていて、交通費・通勤手当として会社負担で駐車場代を払ってもらえるかどうか、会社に交渉してみるのも手です。
都心では難しいでしょうが、地方であれば車無しでは生活も通勤もできないような場所があります。少し余裕のある会社だったら、負担してくれることも考えられます。
今はどこも厳しい時代ですので、あまり期待しない方が良いかもしれませんね。

最終手段は車の売却

私はしばらくの間、砂利駐車場を利用していましたが、結局は車を売却することにしました。
車の維持費や駐車場代の支払いが大変だったことも理由の中にあります。
マンション住まいだったのですが、部屋の賃貸料とは別で駐車場代を払っていました。
車一台を所有することで、毎月大きな出費をしなければなりません。
車一台を手放したことで、年間数十万円の生活費が浮きました。
生活がカツカツで食費を切り詰めながら無理をして車を持っていても、ガソリン代も満足に払えないのであまり趣味のドライブもできず、宝の持ち腐れのように感じていました。
車は使ってこそ価値がありますよね。
車は大して使っていないけど維持費がかかって大変だという人は、思い切って売ってしまうと楽になりますよ。
車の売却を考えるのなら、できるだけ高い値段で車を売れるようにしましょう。
中古車のサイトなどを検索してみて、自分の車がいくらくらいの相場で売られているか、見てみると良いと思います。

結局、駐車場を安く借りるのは難しい

以上様々な駐車場事情を紹介してきましたが、安い駐車場を見つけるのは簡単ではなく、駐車場代を安く抑えるのも苦労がいることです。
不動産屋に相談しても、駐車場物件は利益になりにくいためあまり積極的に紹介してくれません。
駐車場代が高いのは、価格競争があまり無いためです。
地域内の駐車場代はだいたいどこも同じような相場で、舗装の状況、また装備などで価格が変わってきます。
手間をかけずにと考えるなら、どこかで妥協することになります。
ある程度納得のいく所となると、地道に情報を検索していくことが大事です。
同じ場所に住み続けているうちに、知り合いができたりその地域の情報が入りやすくなってきますから、安く借りられる駐車場も見つけやすくなると思います。
良さそうな駐車場を見つけたら、不動産屋を通さずに直接交渉して見ましょう。
土地の所有者は所有する土地で高い収益を得られればそれが一番良いわけですから、不動産屋を介入させずに契約を結ぶことは双方にとって利益があることなのです。
1年分前払いなどの好条件を持ち出せば、承諾してもらえる可能性があります。
物件や駐車場が空いたままになって、早く賃貸契約を結びたい大家さんを見つけて、直接交渉に持ち込みましょう。
不動産屋が介入しないので、その手数料分割引してもらいましょうね。

コメント

error: Content is protected !!