賃貸の退去費用払えない。どうしたらいい?そんな時の対処法

シンママの賃貸探し気を付けること

この記事は約 5 分で読めます。

引越しにはお金がかかります。
引越し業者に支払うお金、新居のお金、引越しをしたら家具も新しくしたい・・・
新しい家への引越しは、夢が広がりワクワクするものですが、ちょっと待って!現在住んている家の退去費用のことを忘れていませんか?

 

“退去費用のことを考えていなかった!”
どうしよう!となった時、どうやって退去費用を捻出したら良いでしょうか。

そもそも退去費用って何?

家を借りる時、敷金を支払いますよね。
敷金というのは、不動産会社や家の大家さんへの預け金です。
賃貸中に家に何らかのダメージを与えてしまった場合の修理費用として、保証金のような形で預けておくお金です。

 

つまり、退去する時に借りていた家が、借りる前と同じような状態で修理修復する必要がなければ、敷金は全額返済されます。

 

賃貸中の家の使い方が悪く、たくさんの箇所を修理修復しなければならない場合、敷金として預けた額以上のお金を請求されることもあります。

退去費用の総額はどうやって決まる?

上にも書いたように、退去費用は必ず請求されるものではありません。
また、賃貸契約を結ぶ時の契約内容によっても変わってきます。
大体このくらいという金額を算出するには、次の方程式で計算してみましょう。

 

退去費用 = 敷金 ? (ハウスクリーニング代 + 修繕費) 

 

特に退去費用として請求されることが多い箇所を挙げてみます。

 

賃貸していた家を退去する時に、汚してしまったり壊してしまったりした箇所の修繕にかかる支払いが退去費用です。

壁紙・クロス

 

退去時、最も費用を請求されやすいのが「壁紙」<

退去時、最も費用を請求されやすいのが「壁紙」です。
傷・破れ・しみ・変色などがあると、壁の張り替え費用を請求されます。
ただし、日焼けによる黄ばみや冷蔵庫を置いていた箇所の壁の黒ずみなどは、一般的には請求されないことになっています。
喫煙による壁紙の変色、焦げは当たり前ですが入居者負担です。
他に、壁に釘や画鋲を打った箇所があると、入居者の負担で張り替えになります。
賃貸契約書により内容が変わって来ますので、よく確認しておきましょう。
退去の時にあれこれ理由をつけて張り替え費用を請求される場合があるので注意しましょう。

床・フローリング

生活をしていれば、床に傷がついてしまったり傷んでしまうことは避けられないことです。
ただ、ダメージの程度が大きい場合は、その修理費が請求されることがあります。
入居前からの傷や汚れがあることに気がついたら、写真に撮り証拠として保存しておきましょう。退去の時、自分がつけたのではない傷に対する支払いを請求されることがありますが、そのような時に写真があると役に立ちます。

キッチン・風呂場

ひどい損傷や汚れがなければ退去費用を請求されることはありません。
劣化は仕方のないことですが、掃除をきちんとしていなかったために発生したカビや油汚れに関してはクリーニング代を請求されることがあります。
家の引き渡しまでに、できる限り綺麗に掃除しておくようにしましょう。
掃除をして綺麗にしておくだけで、数万円の節約になるかもしれません。

エアコン・トイレ

経年劣化は退去費用として請求されることはありませんが、入渠する時の契約に「クリーニング費用は自己負担で」と言ったようなことが書かれていると、退去費用としてクリーニング代を支払わなければなりません。
また、掃除や手入れをきちんとしていなかったことが理由のひどい汚れや故障は、その修理修復に必要な経費を退去費用として請求されることがあります。

 

大事なことは、日頃からマメに掃除をするようにして汚れを溜めないこと。
万が一家にひどい傷をつけてしまったり大きな損傷を与えてしまった場合は、その時点ですぐに管理会社や大家さんに報告しておくことです。

不当な退去費用の請求が来た場合は?

高額な退去費用の請求が来たら、契約書にある規則に従って算出された費用なのかどうか、内容をよく確認しましょう。
不動産会社や修繕業者の中には、不当な請求をする悪徳なものがあります。
不当な請求をされていると思ったら、迷わず消費者相談センターに相談しましょう。
業者と交渉するための的確なアドバイスがもらえます。
中には、高額の退去費用を請求され、消費者相談センターに電話をしたことを業者に伝えただけで、請求額が7割も下がったなんていう例もあるのです。
請求がかみ合わず、訴訟を起こし裁判となると、裁判を起こす方も時間と手間がかかり大変ですが、起こされる方にとっても厄介なわけです。

 

行政の力を借りて解決する場合があるので、高額な退去費用が請求されて困ったという人は相談窓口に行きましょう。

退去費用を支払うお金がない!どうする?

賃貸の退去費用払えない。どうしたらいい?そんな時の対処法

当な退去費用を請求されたんだけど、お金がない!払えない!という場合は、どうしたら良いでしょうか?

 

お金を貸してくれる人もいない、貯金もない、臨時収入も見込めない・・・そんな時に頼りたいのはキャッシングやカードローンです。
一時的にお金を借りて、退去費用に当てましょう。

 

check

退去費用の支払いを滞納してしまうと、今後の賃貸契約が結びにくくなったり、色々と不都合が起こります。損害賠償請求をされることもあります。

そうなると弁護士を立てなければならなかったりと、さらに莫大なお金がかかってしまいます。
最初の請求の時点できっちり支払いを済ませておかないと、後々火だるま式に支払額が膨らんでいくことになります。

退去費用に困っても、その時点でお金を用意し精算しておくようにしましょう。

退去費用が支払えず問題を抱えたままでいるより、お金を借りて支払いをしてしまった方が気持ちがスッキリし、新しい引越し先で気持ちよく生活をスタートさせることができます。

実は私自身も以前、退去費用が用意できずプロミスでお金を借りたことがあります。
6万円の請求だったのですが、キャッシングの審査はすぐに終わり、同日中に借り入れができました。

急にお金が必要になったら。

キャッシング・カードローンを利用する場合、安定した収入があれば最短30分の審査でお金が借りれます。
プロミスなどの大手ローン会社なら知名度もあり安心です。
“初回利用者は30日間無利息※でお金が借りられます。”
※※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

とりあえず今必要なお金を借りて、30日以内に返済すれば金利は一切かからないということです。お金の工面で悩んでいる人は、相談してみるといいでしょう。

まずは、プロミス公式サイトで3秒診断し確認しましょう。

 

コメント

error: Content is protected !!