電気代が払えない!そんなピンチの時どうする?主婦の方必見!

シンママにお勧めのお仕事や心構え

この記事は約 3 分で読めます。

最近ではオール電化の家庭が増え、ガス代がかからなくなった代わりに電気代が高くなったと感じている主婦の方は多いはずです。

 

電気料金は月々の支払額が固定されているわけではないので、突然予想よりも高額な料金の請求が来たりすると困ってしまいますよね。
どうしよう!今月の電気代が払えない!なんていうピンチの時の対処法を紹介します。

電気代が払えない、滞納するとどうなるのでしょうか?

電気代を滞納してしまうと何が起こるのでしょうか。
電気代を滞納すると、電気が止められ電気が使えなくなります。

 

ただ、電気は生活に無くてはならない重要なライフラインです。支払いをしなくてもしばらくの間、電気は通じています。

 

通常電気代金は口座引き落としです。口座に十分な残高が残っていなかったりしてきちんと支払いできないような場合があるかもしれませんが、一度滞納したくらいでは電気は止まりません。
次の月に2ヶ月分の料金の請求があり、さらに滞納を続けてしまうと、支払い書と一緒に文書による通知が届きます。
この通知が届いた後も支払をしないでいると、ある日、急に送電が停止されるということが起こり得ます。

慌てた女性

電気が止まると本当に大変です。夜は真っ暗。 携帯の充電もできません。固定電話も通じなくなります。パソコンも使えません。

オール電化の家庭では料理もできなくなりますし、お湯も出なくなります。 電気代の滞納は絶対に避け、電力はしっかり確保しないと生活が成り立たなくなります。

電気代が払えないとき、どうやって乗り切る?

電気代が払えないことが支払日前にして既にわかっている場合の手順です。

 
・電力会社に連絡を入れましょう。事情を話して、支払期限を伸ばしてもらうことができます。
・期限を伸ばしてもらいその間に、お金を準備する方法、支払いをする方法を考えましょう。
・支払日まで余裕ができたら、短期でお金を稼げるアルバイトやパートを探してみる
 
しかし、バイトやパートの仕事が見つかっても、日払いでないとお給料を手元にするまで、また1ヶ月とか待たないといけません。
結局、仕事を探していては間に合わない、ということにもなりかねません。

 

そんな時に、最短で一番便利、そして確実にお金が用意できる方法はカードローンやキャッシングの利用です。

カードローンというと、なんとなくイメージで金利が高いと考える人が多いと思います。でも実は、高いのは年金利です。

1ヶ月後など、短期間で返済してしまえば金利はそれほどかかりません。

大きな額を借り入れて、長期間借金をするとなると、確かに金利が高くなります。·

ですが、1ヶ月分の電気代の支払いのために借りる額を短期間借りても、金利はそんなに高くはなりません。
必要な分だけ借り入れ、しっかりとした返済計画を立てれば大丈夫です。

“早急に仕事を探して、1日でも早く、お金を手にして借りたお金を返済すれば大丈夫です。”

 

電気代に限らず、水道代が払えない時などにも、キャッシングやローンの賢い利用を検討すれば、一時的にですが助かります。生活できます。

購入前にチェックしておきましょう大手カード会社などは、インターネットから借り入れの申し込みができ、匿名性が高いので周りの人に知られたり、家族に心配をかけることはありません。

急にお金が必要。お金が用意できない

今すぐお金が必要で、誰にも借りることができない場合は、キャッシング・カードローンをおすすめします。

周りにお金がないこともばれないし、お金ないんだ、、、と噂を立てられることもありません

キャッシング・カードローンを利用する場合、安定した収入があれば審査は最短30分で通ります。
プロミスなどの大手ローン会社なら知名度もあり安心です。
初回利用者は30日間無利息※でお金が借りられます。
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

とりあえず今必要なお金を借りて、30日以内に返済すれば金利は一切かからないということです。お金の工面で悩んでいる人は、相談してみるといいでしょう。

 

まずは、プロミス公式サイトで3秒診断し確認しましょう。

安心!プロミス女性専用キャッシング

コメント

error: Content is protected !!